SensekiLine@web
Photo Gallery

Gallery A
あおば通−陸前高砂
仙台近郊の仙石線の姿を伝えるフォトグラフィー。朝の通勤時間帯、夏の昼下がり、雨の日曜日と、様々な表情を見せてくれる仙石線の姿をとらえた。
陸前高砂−高城町
仙台近郊を抜けて多賀城、塩釜を通り松島湾にほど近いところを走る仙石線の姿。仙台の衛星都市的様相の多賀城付近や、松島湾にほど近いところを走りながら、山間のような雰囲気をも持つ仙石線の姿。
高城町−陸前小野
この区間、仙石線は松島湾に寄り添うかのように走り、そして田園地帯へと出る。仙台近郊とは全く異なった表情を見せる仙石線をファインダーから見た。
陸前小野−石巻
松島湾が終わると、仙石線は仙北の穀倉地帯から連なる平地が海と接する部分を横切り、終点石巻へと向かう。石巻の先、牡鹿半島からは、岩手県北部まで続く三陸のリアス式海岸となる。


Gallery B(旧作品集)
旧仙台駅の風景
昭和27年(1952年)から、平成12年(2000年)までの間使われた仙石線仙台駅ホームの写真。17m国電の天下として、そして73系の最後の牙城の1つとして、様々な記録を残した仙石線の起点仙台駅の103系時代の姿。
走行風景ほか
仙台駅をでた列車は、史都多賀城市を通り、塩釜市から松島湾に沿って東名駅付近までを走る。その後、石巻まで田園地帯を走る。その仙石線の走行風景と、前面展望をどうぞ。
新仙台駅・あおば通駅
2000年3月11日に開業した地下区間のレポート。新設のあおば通駅から、苦竹駅手前までの約3.5キロが地下新線として開業。それらの様子をちょっとだけごらんいただく。


Home