SensekiLine@web
History(仙石線の歴史)

年・月・日出来事
明治20年12月15日日本鉄道 郡山−塩釜(後の塩釜港)延伸開業 (現在の東北本線)
明治23年4月16日日本鉄道 岩切−一ノ関延伸開業 (現在の東北本線)
明治23年11月1日日本鉄道 一ノ関−盛岡延伸開業 (現在の東北本線)
明治24年9月1日日本鉄道 上野−青森間全通 (現在の東北本線)
明治25年3月1日日本鉄道の一部を買収・国有化
明治31年4月3日日本鉄道磐城線 岩沼−原ノ町間開通 (現在の常磐線)
明治31年8月23日日本鉄道磐城線 水戸−岩沼間開通 (現在の常磐線)
大正元年10月28日仙北軽便鉄道 小牛田−石巻開通 (現在の石巻線)
大正6年11月1日陸羽線 小牛田−新庄全通 (現在の陸羽東線)
大正8年4月1日仙北軽便鉄道を買収・国有化 仙北軽便線に(現在の石巻線)
大正14年6月5日宮城電気鉄道 仙台−西塩釜開通 (現在の仙石線)
大正15年4月14日西塩釜−本塩釜開通
昭和2年4月18日本塩釜−松島公園(後の松島海岸)開通
昭和3年4月10日松島公園−陸前小野開通
昭和3年11月22日陸前小野−宮電石巻(後の石巻)間全通
昭和14年10月7日石巻線 石巻−女川全通
昭和14年11月7日宮電山下(後の陸前山下)−釜間開通
昭和19年5月1日宮城電気鉄道を買収・国有化、「仙石線」へ。(南海鉄道山手線:現在の阪和線と同時)
昭和19年11月15日東北本線 岩切−品井沼間(海岸回り)開通
昭和28年7月20日釜−石巻港(旧)間開通(貨物)
昭和32年9月5日仙山線仙台−作並間 交流電気機関車による運転開始(初の交流電化)
昭和33年10月10日上野−青森間に常磐線回りで特急「はつかり」運転開始 (東北地方初の特別急行列車)
昭和37年4月20日東北本線 利府−品井沼間(山線)を廃止 海岸線を本線に
昭和39年10月1日東海道新幹線 東京−新大阪開業 (世界初の超高速鉄道)
昭和43年10月1日釜−石巻埠頭(貨物)開業
昭和46年4月1日釜−石巻港(旧)間廃止(貨物)
改称(S47.3.15) 釜→石巻港
昭和49年10月1日陸前山下−石巻港間 荷物運輸開始
昭和50年10月13日国鉄最後の蒸気機関車牽引列車運転(室蘭−岩見沢間225列車)
昭和53年10月1日陸前山下−石巻港間 荷物運輸廃止
貨物支線に編入
昭和57年6月23日東北新幹線 大宮−盛岡仮開業
昭和57年11月15日東北新幹線 大宮−盛岡暫定開業 在来線特急の大部分が廃止
昭和60年3月14日東北新幹線 上野乗り入れ
昭和62年4月1日国鉄分割民営化 公共企業体日本国有鉄道からJR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州、JR貨物、新幹線保有機構、国鉄精算事業団へ
昭和63年3月13日青函トンネル開通
昭和63年4月10日瀬戸大橋開通
平成2年7月21日石巻駅を石巻線石巻駅に統合
平成3年6月20日東北新幹線 東京駅乗り入れ
平成12年3月11日仙台−陸前原ノ町間地下化およびあおば通−仙台間開業
平成12年7月25日鳴瀬川・吉田川橋梁を移設
平成14年12月1日東北新幹線 盛岡−八戸間延伸開業


Home