SensekiLine@web
Carriage(車両)



103系
 103系は”旧型国電”72・73系を置き換え、仙石線の主力として活躍してきました。2002年から205系3100番台の投入が始まり、2002年度中に8編成が淘汰され、2004年度にはすべての編成が205系に置き換わる予定です。
 全車両が延命工事を受けており、さらに耐寒・耐雪の強化、ドアの半自動化、ドアの窓と妻面扉窓の大型化、全面窓の2枚化、扇風機とベンチレーダーの撤去などが行われ、103系の中でも特異なグループとなっています。(なお、これらの改造の一部について、施工されていない車両があります。)
 それぞれの編成について、以下から組成・写真・新製日などの詳細を見ることができます。


仙石線103系の詳細



205系3100番台
 老朽化した103系の置き換え時期となり、205系を山手線にE231系500番台を投入することで捻出し、その一部が仙石線に3100番台として改造されて転用されることになりました。転用は2002年11月から始まり、全18編成ある103系が、2002年度9編成、2003年度8編成、2004年度1編成のペースで置き換えられることとなりました。
 205系の改造は、単に耐寒・耐雪設備の強化にとどまらず、5編成については石巻方先頭車(クハ205)に対し、車内にロングシートとクロスシートを転換できる「2Wayシート」を設置。仙石線の観光などの需要にも応える形となりました。さらに2Wayシート車組み込み編成のうち1本は、石巻市の「マンガによる街おこし」と連動し、故石ノ森章太郎さんの作品のキャラクターが大きく描かれた「マンガッタンライナー」として運行されている点も注目されます。


仙石線205系の詳細


モハ72系
 宮城電鉄から買収された後、デハ800系などのいわゆる社形国電で運転されていた仙石線は、その後17m級車両の天下となりますが、後の20m化にあたっては首都圏で101系、103系投入により捻出された72系と、関西からやってきた52系が投入されます。はじめはそれまでの17m車と同じ上半分がクリーム色、腰回りがオレンジ色のいわゆる気動車色で活躍しますが、後にうぐいす色に改められます。これらの車両は前面に警戒帯が入り、1980年代初頭に103系に淘汰されるまで活躍しました。昭和47年からは72系の延命工事として車体を103系と同様に載せ替えたものが登場し、970番台として異彩を放ち、後の103系化後には川越線に転属して制御機器などが103系化され名実とも103系の仲間入りを果たすという数奇な運命をたどります。
 72系が投入された線区としては最北であり、カラーリングにも独特なものが見られたほか、初期製造車では前面窓の支持がHゴムに改められるなどして、老体に鞭を打ちながらも103系投入まで走り続けました。


仙石線72系970番台の詳細



Home