SensekiLine@web
陸前大塚(Rikuzen Otsuka)

陸前富山←陸前大塚→東名

 陸前富山を発車した電車は松島湾岸を走り、陸前大塚に到着します。陸前大塚は、ホームが海上に出っ張っているという信越本線青海川駅とまではいかずとも、線路のすぐ脇は防潮堤で、非常に海が近い駅です。駅の石巻寄りには「鉄道ファン」誌で写真撮影のポイント地点として紹介された写真撮影にはおなじみの場所や、松島湾と仙石線を絡めて撮影できることで有名な場所などもあり、松島湾と絡めた仙石線の写真はもっぱらこの付近で撮影されたものです。
 駅にはCTC化後と思われますが交換設備が設けられ、時々列車交換が行われます。駅前の大塚集落は鳴瀬町。ここからは桃生郡に入ります。

Photographs


所在:
 桃生郡鳴瀬町大塚
開業:
 昭和3年4月10日
一日平均乗降客数:
 181人
駅の変遷:
 大塚(停留場)
→陸前大塚(S19.5.1)
→休止(S20.6.20)
→復活(S21.6.10)


陸前富山900_univ/top.html">Home東名