SensekiLine@web
手樽(Tetaru)

高城町←手樽→陸前富山

 高城町を発車した電車は一度海を離れ、トンネルを抜けたのち田園の中を走り、手樽にたどり着きます。手樽は仙石線では利用者が最も少なく、付近の民家もまばらです。
 高城町〜手樽間の水田が広がる区間では、道路などより一段高いところを走りますが、ここは開業当時は海上に築堤を築き、そこに線路を敷設していたものが、後になってから周辺が干拓され水田となったためです。築堤のがっしりとした石垣がその遺構をとどめています。海から離れるのも実はそのためです。


所在:
 宮城郡松島町手樽
開業:
 昭和3年4月10日
一日平均乗降客数:
 60人
駅の変遷:
 手樽(てたる)
→手樽(てだる)(S19.5.1)
→手樽(てたる)(?)
 ※昭和19年の改称時点では「樽」の字体が旧字体ですが、フォントにないので、現在の字体を使用しています。


高城町Home陸前富山