SensekiLine@web
仙台(Sendai)

あおば通←仙台→榴ヶ岡

 あおば通を発車した仙石線の電車は、程なく仙台駅に到着します。このあおば通−仙台間の地下トンネルの直上は、仙台駅の地下東西自由通路として歩行者通路になっています。
 仙台駅は日本鉄道が上野からの路線(現在の東北本線)を郡山から塩釜(→塩釜港:現在は廃止)まで延伸したときに開業した駅で、その後は現在の常磐線が岩沼まで開業、また、仙山線が乗り入れ、宮城電鉄が乗り入れるなど鉄道の要衝として発展。さらに1982年の東北新幹線開業、また1987年の仙台市営地下鉄開業で、仙台の中心のターミナルとしての地位をますます高めています。
 東北本線側の駅は、かつては駅の東側には車両基地や操車場、機関区が置かれ、西口には小荷物ホームもありましたが、車両基地は仙台−東仙台間に移設、操車場は長町に移転の後、貨物輸送の形態の変化に伴い廃止。また、機関区は操車場と共に長町に移転しましたが、現在は東仙台駅の近くに再び移転しました。跡地は東口として再開発され、仙石線仙台駅のホームもこの東口広場の地下に位置しています。
 仙石線仙台駅ホームは、初めに宮城電鉄として開業した際は地下にあり、東北本線ホームの北はずれの地下に、東北本線と直角の方向にありました。(この駅の完成は東京の地下鉄よりも古く、日本で最初の地下駅のようです。)しかしこの旧地下駅はもともとが単線のため輸送力増強には不都合だったために、1952年(昭和27年)に、やはり駅の東側の北はずれの、従来の地下駅への取り付け部付近の地上に移設、そして2000年(平成12年)には再び地下化され、上述のように東口駅前広場の地下に移設されました。付近には大型の家電量販店やZEPP Sendai、大手予備校などが建ち並び、少し離れたところには比較的近年に形成されたオフィス街があります。
 仙台駅の現在の駅舎は東北新幹線の開業に際して建設されたもので、2階に在来線のコンコースが、3階には新幹線のコンコースが配置されており、駅としての主要な機能が1カ所にまとまっているほか、駅前はペデストリアンデッキによりバス乗り場や市街地に直結することで歩行者と自動車が分離されているという非常に機能的な構造になっています。

Photographs


所在:
 仙台市青葉区中央一丁目
開業:
 明治20年12月15日
一日平均乗降客数:
 173,942人
接続:
 東北新幹線
 東北本線
 仙山線
 (常磐線)
 仙台市交通局南北線
 各方面高速バス
近隣施設:
 アエル
 SS30
 青葉通り
 仙台中央郵便局
 東北学院高校
 仙台第一高校
 第二女子高校
 常盤木学園高校
 JR東日本仙台支社
 河北新報本社


あおば通Home榴ヶ岡