A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

スポーツショップと環境大臣

Intersport eyblの宣伝に環境大臣登場

Intersport eyblの宣伝に環境大臣登場

Intersport eyblは、ウィーンを中心に展開するかなり大きなスポーツ用品店である。さすが山国オーストリアだけあって、トレッキング用品などもしっかり揃っているかと思えば、みんな夏になれば泳ぎに行きたいらしく、今の季節は水着のバリエーションもまた多い。

スポーツ用品店の稼ぎ頭のひとつに自転車がある。オーストリアでは自転車はどんなに安くても200ユーロ(約26,000円)程度はするのだが、日常の移動手段としても、休暇を楽しむための手段としても人気だ。ウィーン市内をはじめ、オーストリア各地には自転車道が整備されている。

さて、そのIntersport eyblは、Klima:aktivという環境キャンペーンと連携して、特製の自転車を売り出した。その宣伝に登場したのは、なんとNikolaus Berlakovich農林・環境・水マネジメント大臣だ。この大臣とeyblの関係は正直なところよくわからないところだし、何らか関係があるのかもしれないが、いずれにしても日本では考えない取り合わせが実現した、というところだろう。

一般論としてオーストリアの環境に対する意識は日本のそれよりはおしなべて「高い」といえるだろう。しかし、それは単に環境保護という点の「環境」だけではないように思うのだ。休暇のレクリエーションとして、自然を楽しむ、ということを、多くの人が知っているように感じるのだ。「日本庭園のように日本にも自然を愛でる伝統があるではないか」と反論されそうだが、そういった都市の中に(ある種人為的に)持ち込まれた自然ではなく、山や湖といったありのままの自然に積極的に(Aktivに)関わっていって、そこに自分を投じて愉しむ、という積極性において、それを実践している人の割合はずいぶんと多いような気がする。ごく普通の女の子だって「自転車に乗りに」わざわざ電車に乗って遠くまで出かけたりするのがオーストリアだ。

こんな具合だから、スポーツショップの宣伝に環境大臣が登場するのもうなずける。自転車にお金をかける人が多いから、インパクトも大きいのだ。自転車の関連は、実は大きな産業として成り立っている、ということなのだろう。使い捨てられた9,800円の「ママチャリ」が駅前に放置されている世界とは大違いである。

(なお、ホームページの画像をキャプチャしたのは5月3日だ。念のため。)

Comments are closed.