A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

日本の首相が来ても関心外なのだろうか?

先日に麻生首相がチェコやドイツを訪問して、EUのバローゾ委員長やドイツのメルケル首相と会談したらしいが、そのことがドイツ語圏ではニュースとしてほとんど報じられていなかったことが興味深い。日本の首相が訪欧しても、もはや関心の外になっている、と言うのが実情なのだろうか?ちなみに、その裏では、イタリアの首相ベルルスコーニのスキャンダルが多く報道されていた。

関心外だとしたら残念なことだが、実際問題として、ころころ首相が替わってしまうせいか、こちらの人はほとんど日本の首相の名前を覚えていない。その代わり、「酔っぱらって記者会見をした財務大臣が辞任したこと」だの「農林水産大臣が在職中に自殺したこと」は結構よく知られているし、”The Drunken Finance Minister”はネタになっていたりもする。誠に残念。

余談だが、ベルルスコーニが首相となったイタリアの総選挙の前後に、ウィーンのワイン屋”Wine & Co.”はイタリア産ワインすべての30%引きセールをやっていた。ベルルスコーニ当選のニュースを聞いて残念がっているイタリア人の友人に、ドイツ人の友人が「イタリア全部は3割引バーゲン中だぜ」と言って笑っていた。こういう政治家に絡むジョークに関しては、かなりウィットが利いている。

ちなみに、ロシアのプーチン首相が東京を訪問していることは、こちらでもしっかりと報道されている。

Comments are closed.