A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

ルフトハンザが東京線にエアバスA380を6月11日にから投入?

ひじょうに新しい記事だが、ルフトハンザ・ドイツ航空が6月11日フランクフルト発から東京線(LH710, LH711)にエアバスA380型を投入するという話しが出ている(いずれも28日付け、ソース1英語ソース2フランス語La Tribune)。6月11日これまでは最初の路線がニューヨークJFKと報道されていたので、本当かな?という気がしないでもないが。ソース1によると4月29日からチケットが売り出されるとのこと。また、同社初号機の受領が5月19日と報道され(ソース)、さらに6月6日(一部報道だと7日?)にはヨハネスブルクにW杯に出場するドイツ代表を運ぶために使うと報道されている。

ちなみに、成田側はシンガポール航空が使っているA46ゲートの隣になるA45番ゲートでもA380対応ができているようである(ソース:成田空港会社の工事契約資料)。いずれもスターアライアンスメンバー会社が使う第1ターミナル南側だ。ルフトハンザがA380で乗り入れた場合、既に乗り入れているシンガポール航空と駐機する時間帯が重なることになるが、2つのゲートがあれば対応できるだろう。

ちなみに29日に日付が変わった時点ではルフトハンザのデータベース上では機材情報はまだB747-400となっている。しかし、どういうわけか日本語版Wikipediaではすでに「6月12日からA380となる」と書いてある。うーん、本当かなあ?どうなんだろう?まあ、明日見てみることにしよう。

エアバスA380型機はボーイング747型(通称「ジャンボジェット」)を上回る大きさの巨大な航空機。日本には現在シンガポール航空が1日1往復 乗り入れている。上記La Tribuneによると、夏以降にエールフランスも成田線にA380を投入するとのことだ。

3 comments to ルフトハンザが東京線にエアバスA380を6月11日にから投入?

  • たろう

    先日ルフトの成田便に乗った際にスチュワーデスにA380の使用路線を訪ねた際、「成田便で6月からです」と言っていました。確かにルフトのオンライン予約でもA380-800と表示されますね。

  • ( ´∀`)つ さんが投稿して下さったプレス・リリースに正式に発表されていますね。どうも今日の朝10時からルフトハンザの取締役会があったようで、そこで「正式に」決定となったようです。(このプレスリリースは私が見たところ今日の中央ヨーロッパ時間正午頃に出ていたようですね。)

    A380-800と予約に表示されるようになったのも今日からでしょうか。(もっと早くに出ていて私が気づかなかっただけかもしれないですが。)情報はオンラインよりもスタッフの方から早い段階でリークしていた感じですね。

    昔「ルフトハンザが需要が多い東京線に入れるなんて最初になるんじゃないかなあ」と話していたのを(結局デリバリーが遅れたせいでシンガポール航空の方がかなり早かったですが)なんだか思い出しました。