A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

ライアンエアー、そこまでやります?

ヨーロッパの大手格安航空会社のライアンエアーが、新しいアナウンスをだしていた(原文)。

中身は単純で、「全ての搭乗者は空港に来る前に自分でオンライン・チェックインをせよ」というもの。9月21日から適用されるそうだ。

オンライン・チェックインを15日前から4時間前までの間に済ませて、自分でボーディングパス(搭乗券)を印刷して、身分証と一緒に空港に赴く必要がある。EU/EEA国籍の場合はIDでOKだが、非EU国籍の場合(つまり日本国籍も含む)は、空港のセキュリティーを通過する前に、カウンター(Visa/Document Check Desk)で、印刷したボーディングパス、パスポート、ビザ等(ある場合)を提示し、確認を受ける必要があるとのこと。これは40分前に締め切られるそうだ(これまでの空港チェックインと同じだ)。

チェックインする荷物がある場合は、やはり空港の荷物預けカウンターで、印刷したボーディングパスを提示し、バッゲージ・ドロップに荷物を置くのだとのこと。これも40分前締め切りなのは、これまでと同様。

いやはや、そこまで徹底してコストダウンをしますか。これまでも、紙切れのようなボーディングパスとか、楽しいくらいコストダウン策を見せてくれたライアンエアーだけど。

この「やる気のなさ」がライアンエアーの感じ。ジローナ空港で。

この「やる気のなさ」がライアンエアーの感じ。ジローナ空港で。

Comments are closed.