A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

Samsom Budweiser Bier

「Budweiser」といったら、アメリカのバドワイザーを思い浮かべるのが普通かもしれないが、本家本元のチェコの街チェスキー・ブデヨヴィツェ市の「Budvar」はビール大国チェコを代表するビールである(ブドヴァイサー・ブドヴァー社)。チェスキー・ブデヨヴィツェは、ドイツ語地名ではブドヴァイスといい、それをアルファベットで表記するとBudweis。そこのビールだからBudweiser(ブドヴァイサー)。これを英語よみしてバドワイザーというわけだが、アメリカの、あのバド・ガールのバドワイザーは、全く別物である。個人的には、濃厚な味のチェコのブドヴァイサー・ブドヴァーが大好きである。

同じチェコの街に、Budějovický Měšťanský Pivovar、直訳するなら「ブドヴァイス市民醸造所」というものがあり、ここも負けじと美味しいビールを生産している。SAMSONという緑のラベルのビールがその代表で、ブドヴァーより更にホップの苦みの効いた濃厚な味がするビールである。世界各地に輸出されているわけでもなさそうで、どこでも手に入るという類のものではないのかもしれないが、近所のBilla(スーパー)では1本(500ml)54セントで売っているし、ピルスナータイプでありながらどっしりとした味がするので、割と好んで買ったりしている。

ビールというとどうしてもドイツのイメージが強いけれど、キリンビールのデータによれば、チェコは一人あたりのビール年間消費量が世界一のビール大国(約150リットル)。オーストリアも負けじと5位(約100リットル)であり、ビール大国である(ちなみに、2位アイルランド、3位ドイツ、4位オーストラリア)。この2つの国には、大手の超巨大ブリュワリーこそないけれど、美味しいビールを造っている地元のブリュワリーがたくさんあるのだ。オーストリアの大きめのところだけとってみても、ウィーンにはOttakringer、ニーダーエスターライヒにはZwettl、シュタイアマルクにはGösserやMurauer、ケルンテンにはHirter、オーバーエスターライヒにはZipferやEggenburg、ザルツブルクにはStieglといった具合に、たくさんのブリュワリーがある。

これまで、いろいろ飲んできたつもりでも、実はあんまり知らないブリュワリーが多いんじゃないかと、最近になって思うようになってきた。なんだか知ったつもりになっているだけで、実はオーストリアのビールについてなんて、ろくすっぽ知らないんないかという気がするのだ。Zwicklが何者かを知ったのだって最近だ。

そういうわけなので、これからもビール開拓を続けようと、決意を新たにしたのであります。前々から、新たなビールを飲んだら、写真に収める、という目標を全く果たせていないので、この点は反省かな。

Comments are closed.