A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

改良版:グーラシュ(グヤーシュ)の作り方

先日紹介したグーラシュの作り方だが、最近開発した改良版のことを書き忘れてしまった。ここに記しておく。

変更点は、トマトピューレと水の代わりにトマト缶を使うこと。それと、パプリカ粉末の分量を多くすることだ。

材料(4人分):牛肉または豚肉(シチュー・カレー用)500g. 玉葱 600?700g. トマト缶1つ(400g). バターまたはマーガリン50g(オリーブオイルでも可). パプリカ(粉末) 大さじ6?7. 赤ワイン 150ml. 塩適量、胡椒適量、水適量。

作り方は基本的に同じ。

1. 玉葱を5?7mm厚の輪切りにする。肉は2?3cm角(カレーの要領でOK)に切る。

2. 強火?中火でバター25g程度で肉を炒める。表面に焼き色がついたら、残りのバターを溶かし、玉葱を加えて軽く炒める。

3. さらに塩(小さじ2くらい)、胡椒小さじ(3くらい)、パプリカ粉末を入れて、かき混ぜるように炒める。

4. 玉葱がしんなりしたら、トマト缶の中身をを汁ごと入れる(好みでトマトピューレを大さじ4程度追加してもOK)。赤ワインを材料がほぼ覆い被さる程度までいれる(150ml?200mlくらいのはず)。トマトを崩しながら、中火で煮立たせる。

5. 弱火?極弱火で1時間15分?1時間半程度煮込む。焦げ付かないように時々かき混ぜる。水分が蒸発しすぎているようなら、適宜水を加えること。

6. 塩、胡椒、パプリカで味を調整してできあがり。お好みでタバスコを加えて辛くしてください(私は入れません)。

以上です。よりとろみのあるグーラシュになります。

ちなみに、パプリカ、塩、胡椒の分量は結構適当でも大丈夫ですが、最初に入れる量が足りないと、材料への味のしみこみ具合が悪くなってイマイチ。

Comments are closed.