A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

ロリン・マゼールとヴァレリー・ゲルギエフ

ロリン・マゼールが自作「Farewell」とブルックナーの交響曲3番を演奏していた。Farewellの方は、熱帯のジャングルの中にでもいるような音の音楽の印象。どこかストラヴィンスキーっぽさを感じたのは私だけではなかったようだ。30分ほどの曲だが、この長さが限界の感じ。ブルックナー3番はよくまとまっていた。第3、4楽章が特によし。マゼールの指揮台の上での元気さは、とても80歳とは思えない。

ゲルギエフは、ロンドン交響楽団をひっさげ、ブラームスのバイオリン協奏曲。ソリストはレオニダス・カヴァコス。最初のうち(特に第1楽章)はなんだかふわふわしていた感じがしたが(特にオーケストラ)、後半はブラームスの曲らしいどっしりした感じになっていった。これは偶然なのか、計算された聴かせる技なのだろうか。後半はストラヴィンスキーのペトルーシュカ。自分が持っているラトルの録音に凄く似ているような・・・(まあそりゃそうなるか)。アンコールの曲が、昔から知っている曲なのに、誰の何なのか思い出せない。

最近、クラシック音楽から少し離れていた気がする。もう少しチャンスを生かしてみよう。来週はバレンボイム(ピアノ。指揮じゃないよ。)、再来週はランラン。来月には Deutsches Symphonie-Orchester Berlinがやってきて、ベートーベンのバイオリン協奏曲をレオニダス・カヴァコスとやるので、行ってみようかしらん。

ゲルギエフとロンドン交響楽団。楽友協会にて。

クラブとバルカン音楽

誘われたので面白そうだったので行ってきた。Grooveheadz Orchestraというオーストリアとセルビアの混成部隊のバンド。クラブ音楽としてはまあよくある感じだけど、音楽の中にセルビアやハンガリーの伝統音楽の音が織り込まれている感じがした。ブラームスの「ハンガリー舞踏曲」なんかを彷彿とさせたりも。看板に偽りなし、で、グルーヴィーな音がいいね。

Ost Klubって、フランス大使館とかベルヴェデーレ宮殿のすぐ近くなんだけど、前に住んでいたところから研究所までの道すがらにあって、結構気になっていたんだよね。Ostは「東」という意味だけど、バルカン半島を中心に南東欧や東欧系の音楽を中心にしているみたい。客層もかなり広くて、白髪のおじさんが純粋に音楽を聴くために来ていたりした。

Grooveheadz Orchestra @ Ost Klub

Eröffnung der Wiener Festwochen

Eröffnung der Wiener Festwochen im Rathausplatz!

ウィーンでは5月に「Wiener Festwochen」というイベントが開かれる。5月8日からの5週間に渡って、様々な演奏会、演劇、その他のパフォーマンスなどが上演される。金曜日にそのオープニングイベントが市庁舎前広場であったので、誘われたので行ってきた。ウィーン歌謡(Wiener Lied)とポルトガルのファド、フランスのシャンソン、そしてジャズを組み合わせたステージでなかなか楽しい。中でも”Florisdorfer Bahnhof”というウィーン歌謡のノリが気に入った。しかしずーずーのウィーン弁で唄っているから、ほとんど何を唄っているか分からない。せいぜい分かったのは「Bahnsteig」(プラットフォーム)くらいだ(苦笑)

この先、Festwochenの一環として様々な舞台芸術イベントが行われる。アーティストの出自は28ヶ国に及ぶそうだ。日暮れも長くなって、外でビールを一杯、も楽しい季節だけれども、シアターの中で音楽や演劇に触れるのも良いだろう。

Simon Rattle + Wiener Philharmoniker and Fabio Luisi + Staatskapelle Dresden

日曜のウィーンフィルの定期演奏会(サイモン・ラトル)と、今日のドレスデン国立歌劇場(ファビオ・ルイジ)で楽友協会に行ってきた。なんか再来って感じかもしれない。ラトルはハイドンの交響曲の間に現代音楽的なチューンを挿入、ファビオ・ルイジは構成のコンセプトはよくわからなかったけどブラームスの交響曲4番をやるというので行ってみた。

とりあえず、立ち見席には、見覚えのある人たちがいっぱいいた。係の人も見覚えがある人だった。クロークの人が代わったかなあ。単に気のせいかもしれない。

音楽はというと、ラトルの方は完璧といってもいいんじゃないかっていうハイドンに、現代音楽的チューンが不思議に挿入されていた感じ。オックスフォード・シンフォニーが特によろしかったっす。ルイジの方は、まあ本拠地じゃないから仕方ない面もあるとはいえ、ちょっと全体的にボリュームが大きすぎた気がするなあ。繊細な弦楽器の音がつぶれたりしていた気がする。あと妙にティンパニーが張り出していた気が。とはいえそりゃ上手かったですよ。

それにしても、今日気になったのは、右斜め前にいた、言葉から察するに非北京語圏の中国系の人だと思うんだけど、最後の方うるさかったなあ。後ろの(英語の発音から察するに)アメリカ人らしき集団ももちょっとうるさかった。やっぱ椅子がある方が周りの聴いている態度はいいかなあ。でも昔両親が来たときにウィーンフィルの演奏会に行ったら、目の前にいたツアー客と思しき日本人団体の中には、スケッチブックに指揮者(ロリン・マーゼル)の似顔絵書いてる人がいたからなあ・・・・たまたまだろうか。