A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

マクドナルドのウィーン弁なローカル広告

ウィーンでは時々「ウィーン弁」での広告を見かける。去年はビール(Ottakringer)のが多かった。最近は、マクドナルドが市内のあちこちに出していた。いくつかバージョンがあったが、写真はその1つ。

一瞬「何語だろう」と思う広告。

ちなみに、私は「他に開いているお店がない」という状況で消去法的に選ぶ以外、マクドナルドにはまずいかない。

スカイヨーロッパなき後

スカイヨーロッパの倒産により生まれた空白を埋めるかのように、相前後していくつかの格安系航空会社がウィーンに触手を伸ばし始めている。

一つは、ルーマニアのBlue Airだ。スカイヨーロッパを埋め合わせるかのように、突然9月14日からウィーン?ブカレスト・バネアサ線を1日1往復運航し始めた。ウィーン空港のプレスリリースの方が後追いになるほどの迅速な開始。このほかにも、すでにウィーンからルーマニア北東部のモルダヴィア地方の主要都市スチャーヴァ(Suceava)や、ハンガリーに近いトランシルバニア地方の都市Baia MareやCluj Napocaまでの路線を開始、あるいは開始をアナウンスしている。

このほかに新規参入するのはWizzAir。ブラティスラバからローマまでの路線を開始する。大手のライアンエアー (Ryanair) も同様にローマ路線をスタートさせる。

さらに、オーストリア航空のルフトハンザ・ドイツ航空との経営統合後をも含めてにらんでいるのが元F1レーサーであるニキ・ラウダが経営するFlyNiki. まだ何も発表されていないが、東欧方面へのネットワーク拡大を狙っているとされている。

Blue Airの迅速さはなかなかだ。それに、ブカレスト側のスカイヨーロッパの地上取り扱いを代行していたのもBlue Airだから、委託元がつぶれた途端にそのビジネスをもらったようなものだろう。(ブカレスト-ウィーン線はスカイヨーロッパの路線の中では比較的収益性が高かったと見られる。)いやはや、航空会社の世界はめまぐるしい。

メリルリンチがJALのアドヴァイザー?

日本のニュースでは報道されていない気がする(=見覚えがない)が、JALがメリルリンチ日本証券を投資先探しのアドヴァイザーにするというニュースがBloombergにリークしていた。

それだけ。

オーストリア航空のサービス簡素化

6月に乗ったときと今月乗った時で、オーストリア航空の機内サービスにいくつか差があった。

搭乗時に配布されていたペットボトル入りミネラルウォーターがなくなった。(ウィーン発のフライトはオーストリア航空用のラベルが貼られていた500mlのものが以前は配布されていた) 機内食の献立が英語、独語、日本語で書かれたメニューの配布がなくなった。(まあこれは無くてもよいものだよね。) シベリア上空を飛行している(多くの人が寝ている)間にオレンジジュースや水をグラスに入れて歩き回って配布するサービスが無くなった。(言えばもらえるが。)

オーストリア航空は、JALの1/8ほどとはいえ、2009年第1四半期に8800万ユーロ(120億円弱)の大赤字を出して(JALの第2四半期の赤字は990億円)、政府も株式売却の意向を以前から示していたこともあって、買収交渉を急いでいた。ロシア系の投資銀行とルフトハンザ・ドイツ航空が有力だったが、結局後者に落ち着いた。7月末にEUからOKが出たことを受けて、今月初頭にルフトハンザ・ドイツ航空に救済合併された。大衆紙では「制服は赤のままでよし、財務は赤はだめ」という見出しでちょっと揶揄されたりしている。2010年(2011年だったかな)には黒字化を目指すのが親会社ルフトハンザの指令だそうだ。

そういう事情があるから、これらサービスの簡素化は赤字解消へ向けた細やかなサービスの削減、であろう。他の航空会社ではほとんどやっていないサービスだし、別にやらなくてもいいようなものだから、廃止されても別に構わないだろう。

ちなみに、以前から、ウィーンの空港でのチェックインは、原則として、自動チェックイン機を使うかウェブでオンライン・チェックインをする方式のみとなっている。カウンターにあるのは、バゲージ・ドロップのみ。東京行き専用に日本人を配置したチェックインカウンターがあったのは、もはや昔の話しだ。

ところで、オーストリア航空(に限らないと思うが)の飛行機が成田に着くや否や、ボーディング・ブリッジを出た先で、ANAの職員が、乗継ぎ時間の短い乗継ぎ客の名前を書いた紙を持って4?5人がずらっと並んで待っているが、よくあれだけ人件費をかけていられるものだなあと、ちょっと感心してしまう。むしろ乗継ぎ用の案内モニターを倍増した方がいいんじゃないだろうか?

スカイヨーロッパの経営危機について続報

2週間ほど前にまとめて書いた、ブラティスラバやウィーンを拠点とする格安航空会社であるスカイヨーロッパについて、その後情勢がずいぶん変わったのでまとめておく。なおリンク先は基本的にドイツ語か英語のソースだ。

8月11日に、ウィーン空港を管理するFlughagen Wien AGから、「8月14日午後3時までに滞納している施設使用料を納付しない場合は、スカイヨーロッパのフライトへの取り扱い業務を停止する」という警告文が発せられた。

8月14日、結局スカイヨーロッパは、期限までに滞納分を納付することができなかった(ソース)。「永遠の資金難」という見出しの記事まで出る始末。ちなみに、滞納は2,000万ユーロとも3,000万ユーロとも見積もられている(ソース、ソース)

8月15日のフライトから、ウィーン発着のすべてブラティスラバ空港(約50km離れている)に離着陸させるという緊急避難的措置を実施している(詳細)(ソース)。とりあえず17日までの変更時刻がウェブサイトに掲載されているが、この文章を書いている17日午後5時前の段階になっても、18日の変更時刻が表示されないなどの混乱ぶり。

なお、この措置で、7000人が影響を受け、1?2時間の余分な時間がかかったそうだ。乗客は、ウィーン空港でチェックインをして、荷物を持ってブラティスラバ空港に行き、そこで荷物を預けて搭乗、という手順らしい。(ソース)

8月17日時点では、ORFの報道によると、ウィーン空港の管理会社にはスカイヨーロッパから支払いの申し出は出ていないとのこと。先行きはきわめて不透明な情勢だ(ソース)。巷では、「会社が運航停止に陥るのは時間の問題」「(本社が所在する)スロバキアの政府から支援を受けられるのでは」などいろいろな憶測が飛び交ってはいるが・・・

また、筆者と研究室の同僚で試してみたところ、この先の冬までのフライトはまだ予約可能な状態になっている(いったい誰が予約するんだろう?)。予約システム上の情報は、ブラティスラバから飛ぶことになっている明日18日のフライトも「ウィーンから」出発することになっていて、更新されていない。

なお、これは喜ぶべきチャンス、とばかりに、オーストリア航空と、FlyNikiが、「スカイヨーロッパで帰って来れなくなった人のために」150ユーロで帰りのフライトをオファーしているようだ。なお、同様のオファーをWizzAirも30ユーロで行っている。

なお、本日(17日)付けのDer Standardには、スカイヨーロッパの失敗の原因を分析する記事が出ている。ドイツ語が読める方は読んでみるといい。

Ausfall = 運休。ウィーン空港のウェブサイトから。

ブラティスラバへ変更しての発着は、とりあえず「19日まで」ということになっているようだ。DerStandardの記事にルポ風のものが出ていた。

機上のある見苦しい母親とおばさんの話し

この間のウィーンから東京までの航空機の中で見かけた光景。当事者は30台半ばにも見えたから「おばさん」ではないかもしれないが、私の印象が「おばさん」だったので「おばさん」を代名詞的に使うことにする。

私の左側に、「母, 次女, 長女, 父」というある4人家族がこの順番で座っていた。どうやらウィーンに駐在している家族らしく、一家で帰省といった様子だった。飛行機はボーイング777で、母の左側、父の右側に通路がある。

母の側をフライト・アテンダントが通った時か、機内食サービスの時だろう、衣服かハンカチかに、アテンダントがなにかを誤って1滴たらしてしまったらしい。いずれにしても「たいした被害ではない」と言える程度だったようだ。かちんと来た母親はアテンダントに文句を言ったらしい。アテンダントもご免なさいと言っていた。まあ、ここまではよいだろう。

だが、この母親、これを機に航空会社から補償金をもらおうと画策したらしく、さらに文句を言い続けた。とはいえ、さほど語学力がないらしく、伝えきれない。そこで助け船を求めたのが、冒頭にでてきた「おばさん」。この人はウィーンに長らく住んでいるのか、ドイツ語が堪能らしく、母親の要求を逐一アテンダントに伝えていく。アテンダントはとりあえずチーフパーサーを呼ぶ。話しは母親対アテンダントから、おばさん対チーフパーサーになった。

おばさんはチーフパーサーに「この汚れはあなた方のせいですよ」と言う意味のことを何度もまくしたてる。「こんなことをされては困ります。これが熱湯で相手が子供だったらどうするんですか!」とかなんとか言っていた。アテンダントがなにかを言うと、大声で「これは日本の文化です!(Das ist japanisches Kultur!)」。こちらは開いた口がふさがらない。

チーフパーサーは面倒になったらしく、投げやりに「Tut mir leid!(ごめんなさい)」といい、10ユーロの補償金を払うことで決着。まだ文句を言いたい(?)母親は「日本円じゃないんですか?」とけちをつけていた。

その後のこの母親は誇らしげな顔をしていた。旦那は脇で黙って聞いていたのだが、10ユーロもらえるとなってにやにや。母親の方は「○○さんって凄いでしょぅ」とこの「おばさん」と友達であることを嬉しそうに旦那に語る。

情けない夫婦(とおばさん)である。機内でちょっと衣類が汚れただけで大声でまくし立てて、たった10ユーロを懐に入れて誇らしげにしているなんて。周りの迷惑も考えず向こう見ずに自己チューに走る、かつプライドもへったくれもないこの態度、これこそ「これは日本の文化です!」といったところだろうか?

ちなみに飛行機はオーストリア航空の運航。そんな機上で「日本の文化です」と自分の態度を正当化しようとしてもナンセンスだ。周囲の日本人以外の乗客は、冷ややかな目でやりとりを見つめていた。

余談だが、この母親、東京到着が近くなってきた頃、娘のニンテンドーDSを取り上げて遊んでいた。これも「日本の文化」だろうか?

日本食と日本の食事文化

雑多な用事をあれこれ兼ねて先週末からちょっとだけ日本にいる。電柱がごちゃごちゃした景観って本当に目障りだ。それはさておき、以下、食事をしたり道ばたを歩いていて思ったこと。

確かに日本食は食材も豊富だし、手の込んだものが多い。季節の食材もヨーロッパに比べたらずいぶん多い気がする。食べる「モノ」という点では(食糧自給率が驚異的に低い点に目をつむるとすれば)かなり「豊かな」ように思う。

じゃあ、食事を通じたコミュニケーションとか、そういう面になるとどうだろう?つまりは「食事を通じた文化」あるいは「食事文化」と名付けてもいいかもしれない。主に外食を想定したら、だが。

まず、ヨーロッパでよくある「美味かった?」(Hat sie geschmeckt?とか)みたいなコミュニケーションって、個性的な店主がいるお店をのぞいて、あまりない気がする。少なくとも、雇われている店員との間にはあんまり期待できないように思う。もっとも、応対してくれる店員がとっかえひっかえ変わるから(ヨーロッパは原則同じ店員が最後まで応対してくれる)、そんなコミュニケーションは期待してはいけない気がする。まあ、これはアジアに共通だろう。

この点は、別の見方をすれば、「客 対 店舗」のコミュニケーションなのか、「客 対 店員」のコミュニケーションなのかの差異と言ってもいいかもしれない。

それから、店員の対応がマニュアル化されていて、あんまり「人間味」みたいなのを感じない。ロボットみたいな店員が結構いるように思う。

それから、お店の中で、食器ががちゃがちゃ触れる音、店員の掛け声みたいな「外部の音」が多くて、食べてる人同士では若干しゃべりにくい気がする。お店の中がせわしない。これはある蕎麦屋で思ったこと。ついでに店内も狭い面積に多くのテーブルを突っ込んでいる。

なんだか「モノ」(食材)は豊富にあるのに、その上につくられる人間同士のやりとりとか、そういうものが希薄な気がしてならない。ちょっと残念に思う。なぜだろう?このテーマを追いかけたら、社会学の卒論の一つくらいにはなるのではないだろうか?