A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

ピルセン市民醸造所(チェコのビール醸造所)

もう1ヶ月近く前になるが、チェコのピルセンにある市民醸造所を見学してきた。現在世界中で飲まれている「ピルスナー」と呼ばれるタイプのビールをはじめて造った醸造所である。ここのビールの主力は「ピルスナー・ウルケル」で、日本も含めて世界中に輸出されている。ピルセン市は西部ボヘミア地方の街。プラハからなら鉄道で2時間ほど(ウィーンから行ったのでプラハは通らなかったが)。

工場は旧市街近くにある。見学はツアー形式になっていて、現在の最新鋭の工場の瓶詰め工程と、以前使っていた現在は稼働していない古い工場の両方を見せてくれる。現在の瓶詰め工程は最新鋭のビール工場そのものであり、日本でもおなじみのものだ。ここで見るべきはやはり古い工場の方である。特に印象的なのは麦汁を作ったりホップを加えたりするためのタンクと、発酵のために寝かせておく貯蔵用トンネル。工場敷地内の地下に縦横無尽に張り巡らせたトンネルで木樽でかつては発酵させていたそうで、トンネル内の温度を保つために天然氷を落とし込んでいた穴なども見ることができる。さらに、見学者は、酵母を濾過する前の「ピルスナー・ウルケル」が飲めるのだ(これは旨い)。

また、資料庫には、19世紀当時ここはオーストリア帝国の一部だったから、皇帝フランツ=ヨーゼフらが工場を訪れた記録などを見ることができて面白い。映像で19世紀から20世紀初頭の醸造所の様子を見ることもできる。

チェコは1人1年あたりビール消費量が150リットルと世界一になる「ビール大国」だ。街の中のレストランやバーでビールを注文しても0.5lで25コルナ(130円)ほど。喉ごしがあまり無く、ボヘミア特産のホップで苦みの利いた味の太い「ピルスナー・ウルケル」などのビールは、さわやかな味がする。(ビールは喉ごしと思っている人にはイマイチかもしれないが。)

チェコに行ったら、プラハやチェスキー・クルムロフで綺麗な街を眺めるだけでなく、こういう「チェコのビール文化の心臓」を覗いてくるのも面白いだろう。ここを見学すると、身の回りに当たり前にあるビールが、どういう過程を経て醸造されるかが分かるのはもちろんだが、ほとんど家庭毎に作られていたビールが、市民共同作業として共同で造られるようになっていった様子などもわかり、大変面白いのだ。

ピルセン市民醸造所の地下貯蔵トンネル。

ウィーンとワイン、WienとWein

ウィーン周辺には「ホイリゲ」(Heurige)と呼ばれるワイナリーが直営している居酒屋が多い。もともとは16世紀にウィーン市がオスマントルコに包囲されていた時代に市民が近隣の農家にワインを直接買いに行ったのが始まりらしいのだが、現在では市街地はずれのワイン畑に面したあたりに集まっている。

代表的な場所は19区のグリンツィング(Grinzing)だが、ここはちょっとツーリスティック(観光客向け)だ(路面電車38番の終点周辺)。あまり観光客が押し寄せないところとしては、同じ19区のノイシュティフト・アム・ヴァルデ(Neustift am Walde)からSalmansdorfにかかて(市バス35Aの終点付近)、21区のシュタマースドルフ(Stammersdorf)から市外に出たビーサムベルク(Bisamberg)あたりまで、そして23区のマウアー(Mauer)のあたりが代表的だ。個人的には、Bisambergが好みだが、行くのが少々大変なのが難点だ。(ここにあるTerassenheuriger Martin Trimmelはオススメ。ただし旅行者向きではない。外のテラスが夏は見晴らしが良く、冬は室内の暖炉の香りがよい。ドイツ語しか通じない。)

上記の「Terassenheuriger Martin Trimmel」の入り口。

ホイリゲとは正式名称ではなく、正式には「ブッシェンシュランク(Buschenschrank)」という。「Heuriger」と名乗る所も多いが、伝統的な所は「Buschenschrank」と名乗るところも多い。Buschenschrankには独自の法律が適用され、本格的な食事を出すことはできないため、軽食しか出さないところが基本的だが、レストラン免許を取得して本格的な食事を出すところも多い。ワインはもちろん自家製が基本だ。家族経営が多いが、企業化されたホイリゲもある。

ウィーン以外にも、南に30kmほど行ったバーデン(Baden)周辺、南東に50km程離れたノイジートラー湖周辺、北西に50km程はなれたヴァッハウ渓谷、ウィーン空港から程近いBad Deutsch Altenburg周辺、北東の「ヴァインフィアテル(ワイン・クオーター)」(Weinviertel)と呼ばれる地域にはホイリゲが多い。ヴァインフィアテルにはWeinvierteller Kellergassenというものまであって、夏ならサイクリングをしながらワイナリー巡りができる。

ところで、ウィーンはドイツ語のスペルで「Wien」だ(発音は「ヴィーン」)。ワインは「Wein」だ(発音は「ヴァイン」)。「i」と「e」を入れ替えるだけだ。だから、Wienと打とうとしてWeinと打つタイプミスを私はよくやってしまう(Weinに住んでいるなんて、なんだか酒を浴びそうで怖い。)。しかし、私だけではないらしい。とある中華系スーパーのホームページの住所には、堂々と「Wein」と書いてあった。

住所に着目。WienではなくWeinになっている。

ビール腹とビール消費量に直接の因果なし?

一昨日のオーストリアの新聞”Der Standard”に”Bierbauch keine direkte Folge des Bierkonsums“という記事がでていた。もとになったのはEuropean Journal of Clinical Nutritionに掲載された論文(英文版要約にリンク)。約2万人の被験者を対象にドイツで行われた実験では、ビール消費が多いほど太る(ウエストまわりが大きくなる)傾向にあるが、いわゆる「ビール腹」との直接の因果は認められないとのこと。なかなか面白い結果だ。

とはいえ、飲み過ぎにはご用心。

機上のある見苦しい母親とおばさんの話し

この間のウィーンから東京までの航空機の中で見かけた光景。当事者は30台半ばにも見えたから「おばさん」ではないかもしれないが、私の印象が「おばさん」だったので「おばさん」を代名詞的に使うことにする。

私の左側に、「母, 次女, 長女, 父」というある4人家族がこの順番で座っていた。どうやらウィーンに駐在している家族らしく、一家で帰省といった様子だった。飛行機はボーイング777で、母の左側、父の右側に通路がある。

母の側をフライト・アテンダントが通った時か、機内食サービスの時だろう、衣服かハンカチかに、アテンダントがなにかを誤って1滴たらしてしまったらしい。いずれにしても「たいした被害ではない」と言える程度だったようだ。かちんと来た母親はアテンダントに文句を言ったらしい。アテンダントもご免なさいと言っていた。まあ、ここまではよいだろう。

だが、この母親、これを機に航空会社から補償金をもらおうと画策したらしく、さらに文句を言い続けた。とはいえ、さほど語学力がないらしく、伝えきれない。そこで助け船を求めたのが、冒頭にでてきた「おばさん」。この人はウィーンに長らく住んでいるのか、ドイツ語が堪能らしく、母親の要求を逐一アテンダントに伝えていく。アテンダントはとりあえずチーフパーサーを呼ぶ。話しは母親対アテンダントから、おばさん対チーフパーサーになった。

おばさんはチーフパーサーに「この汚れはあなた方のせいですよ」と言う意味のことを何度もまくしたてる。「こんなことをされては困ります。これが熱湯で相手が子供だったらどうするんですか!」とかなんとか言っていた。アテンダントがなにかを言うと、大声で「これは日本の文化です!(Das ist japanisches Kultur!)」。こちらは開いた口がふさがらない。

チーフパーサーは面倒になったらしく、投げやりに「Tut mir leid!(ごめんなさい)」といい、10ユーロの補償金を払うことで決着。まだ文句を言いたい(?)母親は「日本円じゃないんですか?」とけちをつけていた。

その後のこの母親は誇らしげな顔をしていた。旦那は脇で黙って聞いていたのだが、10ユーロもらえるとなってにやにや。母親の方は「○○さんって凄いでしょぅ」とこの「おばさん」と友達であることを嬉しそうに旦那に語る。

情けない夫婦(とおばさん)である。機内でちょっと衣類が汚れただけで大声でまくし立てて、たった10ユーロを懐に入れて誇らしげにしているなんて。周りの迷惑も考えず向こう見ずに自己チューに走る、かつプライドもへったくれもないこの態度、これこそ「これは日本の文化です!」といったところだろうか?

ちなみに飛行機はオーストリア航空の運航。そんな機上で「日本の文化です」と自分の態度を正当化しようとしてもナンセンスだ。周囲の日本人以外の乗客は、冷ややかな目でやりとりを見つめていた。

余談だが、この母親、東京到着が近くなってきた頃、娘のニンテンドーDSを取り上げて遊んでいた。これも「日本の文化」だろうか?

最近の食生活大公開 – 続編。

続編を書いてみることにする。前回は水曜日で終わったので木曜日から。10日分くらい溜まっていることになる。例によって朝は省略(朝ご飯を抜いているという意味ではない、念のため)。

木曜日の昼。前日のリゾットを食べる。電子レンジをまだ買っていないので(いい加減買えば、という話しだが)フライパンで温める。炒飯みたいにならないように気をつける。その後ブラティスラバへ行く。ブラティスラバでビールを1杯飲んだ。

木曜日の夜。ブラティスラバから帰ってきて、ルッコラ入りミートソーススパゲッティーを食べる。要するに余ったミートソースの消化。

金曜日の昼。またルッコラ入りミートソースのスパゲッティーを食べる。ミートソース消化完了。

金曜日の夜。郊外のBisambergにあるホイリゲに行く。Blutwurst (血のソーセージ)と付け合わせを食べる。ワインをいっぱい飲んだ。テラスがいっぱいあるホイリゲで、階段状になった山の斜面の通路にたくさんテーブルがあって景色がよかった。ワインも食べ物も美味しかったが、何よりハウスワインの価格が1/8リットルのグラスでなんと0.90ユーロという破格の安さ。ボトルのワインを頼んでも1本7ユーロ。安い。ただし行くまでがちょっと大変。電車30分に1本しかないし。

土曜日の昼。自転車で出かけた先のブルゲンラントでサンドイッチ。バナナのおまけ付き。

土曜日の夜。ハンガリーの街でシュニッツェル(カツレツ)のサンドイッチ。帰ってきてリゾットのあまりを少し食べる。

日曜日の昼。疲れていて起きたのが遅いので、ブランチ。ちょっと贅沢に、パン(くどいようだがトーストではない)、くだもの(バナナ)、スクランブルエッグ、牛乳、コーヒー。

日曜日の夜。ゴルゴンゾーラでほうれん草入りシュペッツェレ(ドイツ風ヌードル。ほうれん草が練り込んであるバージョン。)を作る。ホワイトソースを絡めた方が美味しそうだ。このままでは塩味が強すぎる。

月曜日の昼。トルコ系のお店で買ったシュニッツェルのサンドイッチを広場のベンチで食べる。太陽が気持ちよかった。

月曜日の夜。スペイン人2人(てかカップル)が自宅に遊びに来たので、なにか日本のモノを、と思ったが何もないので焼きうどんを作って振る舞う。おまけでサラダ。

余談だけど、この日、家から徒歩100mほどのところにスーパー(LIDL)がオープンした。初日(この日)は混んでいたが、木曜日に行ったらがらがらだった。まあ全般的に安いからよさそうだけど、野菜と果物の品質がイマイチだ。オープニング・セールで売っていたイチゴは全く甘みがない。それと、肉の種類が少なすぎる。他はまずまずよさそうだ。特に缶詰なんかやジュース類を買うにはよさそうだ(思いモノを運ぶ距離が減るし)。勢いで箱のアイスを買ったが、まったく手をつけていない。

火曜日の昼。今度はパンやで買ったサンドイッチ(といってもデニッシュみたいなパンに挟まった巨大サンドイッチ。Der Mann の Ecke と言えば分かるかたもいるかも)を、同じように広場のベンチで食べる。この日も晴れていた。

火曜日の夜。昨日のあまりの焼きうどんとサラダ、それにリゾットの残りを消化する。疲れていて何も作る気力がなかったのを覚えている。

水曜日の昼。Ankerで買ったピザとマフィン。この日は曇っていて外で食べる気がしなかった。

水曜日の夜。楽友協会に行ったので時間がなかったから、モーンシュネッケン(ポピーの種をまぶしたカタツムリみたいなパン)とドーナツ。帰宅後イチゴを食べた。

木曜日の昼。研究室の人達とイタリアンのレストランでランチ。スープとパルマ風ハムのいっぱいのったピザ(30cmくらい)1枚。これくらい平らげるようになってしまった自分がちょっと怖い。ORF Funkhaus(放送局)に近いレストランのせいでリッチそうな身なりの人が多かった。その中では、かなりラフな格好をした研究員軍団は浮いていた気がする。

木曜日の夜。エンメンターラー・チーズを絡めたほうれん草入りシュペッツェレ。シュペッツェレは賞味期限を2日すぎていたのは秘密。火を通したし大丈夫でしょう。今回はこのままで(ホワイトソースなしで)十分美味しかった。

金曜日の昼。研究室の人と韓国系の料理やでブルコギ。これが原因で午後にお腹を壊したのだろうか?今日はいつもより辛かった気がする。

金曜日の夜。賞味期限が近づいてきたもらいものソーセージ(Berner Wuerstel)を食べるが、これだけでは偏るのでスパゲッティーとザウアークラウト。サラダを作ろうと思ったが辞めてしまった。食後にチェリーを食べようと思ったけどお腹いっぱいで無理。

明日は徒歩5分くらいのところにあるスーパーBillaが全品10%割引だそうだ。値引き品もさらに10%引きだそうだ。早めに2回くらいに分けて行って来ていろいろ買い込むことにしよう。ねらい目は、果物類、果汁シロップ(水で割って飲む)、1ケース(瓶20本)8.40ユーロのセール中のSamson Budweiser Bier(チェコ産のビール。ちょっと苦みが強くて好み。)、それにパスタ類(イタリアのある会社のパスタが33%オフをやっている)。ちなみに明後日から日曜日、祝日となるので、スーパーは2連休だ。ちなみにビールだが、瓶20本で8.40ユーロが更に10%割り引かれると、7.56ユーロ。20本で10リットルなので、1リットルあたり75.6セント=約100円だ。

Samsom Budweiser Bier

「Budweiser」といったら、アメリカのバドワイザーを思い浮かべるのが普通かもしれないが、本家本元のチェコの街チェスキー・ブデヨヴィツェ市の「Budvar」はビール大国チェコを代表するビールである(ブドヴァイサー・ブドヴァー社)。チェスキー・ブデヨヴィツェは、ドイツ語地名ではブドヴァイスといい、それをアルファベットで表記するとBudweis。そこのビールだからBudweiser(ブドヴァイサー)。これを英語よみしてバドワイザーというわけだが、アメリカの、あのバド・ガールのバドワイザーは、全く別物である。個人的には、濃厚な味のチェコのブドヴァイサー・ブドヴァーが大好きである。

同じチェコの街に、Budějovický Měšťanský Pivovar、直訳するなら「ブドヴァイス市民醸造所」というものがあり、ここも負けじと美味しいビールを生産している。SAMSONという緑のラベルのビールがその代表で、ブドヴァーより更にホップの苦みの効いた濃厚な味がするビールである。世界各地に輸出されているわけでもなさそうで、どこでも手に入るという類のものではないのかもしれないが、近所のBilla(スーパー)では1本(500ml)54セントで売っているし、ピルスナータイプでありながらどっしりとした味がするので、割と好んで買ったりしている。

ビールというとどうしてもドイツのイメージが強いけれど、キリンビールのデータによれば、チェコは一人あたりのビール年間消費量が世界一のビール大国(約150リットル)。オーストリアも負けじと5位(約100リットル)であり、ビール大国である(ちなみに、2位アイルランド、3位ドイツ、4位オーストラリア)。この2つの国には、大手の超巨大ブリュワリーこそないけれど、美味しいビールを造っている地元のブリュワリーがたくさんあるのだ。オーストリアの大きめのところだけとってみても、ウィーンにはOttakringer、ニーダーエスターライヒにはZwettl、シュタイアマルクにはGösserやMurauer、ケルンテンにはHirter、オーバーエスターライヒにはZipferやEggenburg、ザルツブルクにはStieglといった具合に、たくさんのブリュワリーがある。

これまで、いろいろ飲んできたつもりでも、実はあんまり知らないブリュワリーが多いんじゃないかと、最近になって思うようになってきた。なんだか知ったつもりになっているだけで、実はオーストリアのビールについてなんて、ろくすっぽ知らないんないかという気がするのだ。Zwicklが何者かを知ったのだって最近だ。

そういうわけなので、これからもビール開拓を続けようと、決意を新たにしたのであります。前々から、新たなビールを飲んだら、写真に収める、という目標を全く果たせていないので、この点は反省かな。